24時間取引が可能

FXの魅力の一つ、24時間取引が可能なことですよね。取引可能時間を株式投資と比較したら、その差は。ここではFXの24時間取引可能な特徴を説明しますね。

24時間取引可能って?

外国為替市場では為替レートは刻一刻と変動しています。世界の経済情勢等が反映されて、通貨が売られたり買われたりしているのですね。よくニュース番組を見ていると画面の下(上の場合もありますが)常に為替レートが変動しているのを見たことはありませんか?

美咲が最初不思議に思ったのがこの為替レート変化!22時とか23時のニュース番組を見ているときでも、この画面下に出てくる為替レートが刻々と変化していること。日経平均株価やTOPIXの数値は変わらないのに、この為替レートだけは動いているんですよね。これっていったいどうなっているのかな〜って。

その当時の美咲は日本株や投信しかなじみがなかったので、ピンとこなかったのですが、調べてみてびっくり!なんと外国為替市場は一日24時間市場が開いていたんです!
日本時間の月曜朝7時から土曜の朝7時まで!、そのために夜のニュースでも刻々と為替の変化を見られたことがわかりました。そして、24時間、通貨を売ったり買ったりできることを発見したのです。

要するにFX取引では、24時間取引可能であるという点が、株とは大や投資信託とは異なるんです。美咲のようなOLや、サラリマーンや学生等、昼間の取引は難しい多くの職業の方にとって、非常に時間の融通が利く投資ができるのがFXなのです。仕事が始まる前や終わった後など、ご自身の都合の良い時間にリアルタイムで売買の参加できることが可能です。

そして、一日の内に値動きが活発なのは、東京市場が開かれる午前9時頃、ロンドン市場が開く17時時頃、ニューヨーク市場が開く22時頃といわれています。中でもニューヨーク市場が活発といわれていて、この時間帯であれば、美咲みたいなOLでも無理なく参加できちゃうんです。

このいつでもどの市場でも売買できるFXって、非常に大きな魅力ですよね!投資時間に制限のある方こそ、このFXのシステムを有効に使っちゃえます。