魅力は少額取引が可能なこと

美咲もかつては軍資金が少ないプレイヤーでした。ただそんな手元資金が少なくても取引に参加できるのがFXの魅力!

実際の資金以上の取引ができて、さらに金利もえられちゃう。少額取引が可能なことの仕組みをわかりやすくに説明しますね。

少額取引を有効利用!

FXは少ない資金でで取引が可能な事も人気の理由ではないでしょうか?FXは、株式や投資信託と比べ、少ない資金で取引をスタートさせることができるんです。では具体的に最低いくらから始めることができるのかな〜?

株の場合、銘柄にもよりますが数十万〜の投資資金が一般的ではないでしょうか。
購入する会社の銘柄毎に取引金額が変わってきます。(るいとうやミニ株などもありますが)

続いて投資信託。こちらは1万円からはじめられる商品がほとんどです。

ではではFXの場合はどうでしよう。現在多くのFX会社で、口座に証拠金として1万円の入金があれば始めることができます。ここでいったん整理をしてみますね。

1万円からはじめられるもの=投資信託・FX  でしたね。

このことからFXと投資信託が、ともに少額からの取引が可能なことがわかりました。では、その少額資金をより有効に利用できるのはどちらなのか!検証してみたいと思います。

投資信託は1万円では基準価額1万円の商品を受け取ることができます。つまり1万円では1万円分の買い物になりますよね。もしバナナが1本1万円なら(高すぎ?笑)バナナを1本買えるわけですよね。

FXの場合はどうでしょうか?FXにはレバレッジの存在があります。(詳しくは レバレッジとは?を見てね) レバレッジが1倍の場合は1万円では1万円分の商品しか購入できません。バナナも1本しか購入できません。これは投信と一緒ですね。でもでも、レバレッジ25倍の場合はどうでしょう?1万円しか払ってないのにバナナ100本分の購入取引ができてしますのです。

実際どこまでレバレッジをかけるかは別として、レバレッジを効かせることによって、少額資金をより有効に利用できるのはどちらなのかお分かりいただけたと思います。これがFXの効率的に少額取引が可能な理由なんです。

もちろんレバレッジを小さく設定することもできます。あまりリスクをとりたくなければ、レバレッジを低く抑えてじっくりと取引することも可能です。レバレッジは大きくすれば利益が大きくなる分だけリスクも大きくなる訳ですから、バランスを考えたリスク管理も必要ですね。