トレール注文

トレール注文(トレーリングストップ)とは、逆指値注文に値幅指定機能を付けた注文方法のことで、相場の流れに追随しながら、レートが動くと常に一定の値幅で自動的に逆指値(決済)価格を上げたり下げたり自動修正してくれます。

その時の値幅は任意の好きな幅に設定が可能なので、「損失リスクを限定し、利益を確定しながらさらなる利益の拡大を狙う」効果があるのです。

トレール注文の具体例

では具体的にトレール注文機能の方法を説明していきます。ドル/円レートを買う場合を想定してみましょう。

例えば、ドル/円を101円で買って、トレール注文を1円の値幅で設定すると、この時点で1円下がったポイントの100円にストップ注文が入ります。その後、レートが上昇するば、逆指値の価格も1円の幅を保ちつつ上昇し、ドルが103円になれば、逆指値は102円になります(この時点で1円分の利益が確定します)。103円をつけたあと、ドルが反落しても102円になると逆指値に当たって自動的に決済されるのです。

このように、自動的に利食いと損切りを為替レートの上昇に合わせて再調整してくれる便利な機能です。

ただ、このトレール幅の設定が難しいので気をつけなければなりません。値幅が大きすぎでも最大利益を狙ったはずがあまり利益を伸ばせなかったりで効果的ではありませんし、小さすぎるとわずかな値動きで刈られてしまうことになりかねません。特にボラタイルな(値動きの荒い)相場の環境では、上手にできない事があります。その点はリスクとして念頭に置いておきましょう。

相場の値動きについていき、逆指値価格を上げてくれるトレール注文。最初に注文さえ出してしまえば、常に取引画面を見ていなくてもリスクを軽減しつつ、最大限の利益も狙っていくことができる優れた注文機能です。