指値注文

指値注文は、自分の売買したいレートで約定させたいときなど、希望する為替レートで注文を成立させたいときに利用する便利な注文方法です。

あらかじめ過去のレートの推移等を分析し、買いたいポイントと売りたいポイントを見極めておくと注文を出しやすいでしょう。このページでは「指値注文」について説明しますね。

指値注文で希望するレートで注文する

FXは株取引と違って色々な注文方法がありますよね。しかし、今回お話するこの「指値注文」という注文方法は、株式やETF、REIT等でもおなじみの注文方法で、もちろんFXでも使える注文方法です。思いどおりの取引をしたい方はぜひ利用してみましょう。

この「指値注文」、簡単に説明しますと、この金額なら買います!この金額なら売ります!ということ。自分の希望する金額で注文が出せる取引方法のことです。なので、注文の際には、希望金額を入力します。

現在の為替レートより安いレートの買いを注文したり、高い為替レートの売りを指定して注文する方法です。例えば、現在1ドル110円の時、1ドル107円になったら買ってもいいかなぁ〜って考えたとき、あらかじめこの買うレートを107円と指定して注文することなんです。

メリットとしては、確実に売買する為替レートの価格がわかるということ!自分が納得したレートや取引したいレートになった時に取引を成立させることができるのですね。

デメリットとしては、思惑どうりに相場が動かなかったり、為替レートが自分の希望する金額にならなかったら、いつまでたっても売買が成立しないということ。う〜ん。美咲が読んだ相場と反対の動きをした場合は、注文が成立しないというわけですね。