OCO注文

OCO注文は利食いと損切り注文両方を出す際に利用されることが多いです。トレンドを予想するのが難しいときや、今の水準で取引したくない場合に用いると有効な注文方法です。

FX特有の注文方法で、読み方は 「オーシーオー」と読みます。
時間を有効に使いたい方、四六時中パソコンの前に居なくても便利な取引方法なんです。

OCO注文って?

FX特有の注文方法の一つ「OCO注文」。この「OCO注文」とは、2つの注文を同時に出すことができて、どちらか一方が成立したら、もう一方は自動的にキャンセルになる注文方法です。2つ出した注文のうち、どちらかの注文が成立したら、もう片方の注文を無効にしたいというときに使います。

メリットとしては
〕益確定に使える
損切りに使える
パソコンの前ずーと待機しなくてもよい
2回分の注文を、1回分で済ませられる
などがあげられます。

この方法を使うことによって、すでに買いポジションをもっている場合に利益確定と損益限定の注文を同時で出すことができます。今後為替の動向を読むことが難しいときなど、とても有効な機能の一つです。

たとえば、1ドル=100円で買ったドルが、1ドル=105円まで上昇しています。今決済すれば、5円の利益ですよね。今、決済注文を出してもいいのですが、「相場がもう少し上昇するかも!」なんて、考えも捨て切れません。しかし、相場は生き物、予想に反した結果になった場合は、現在の利益がなくなってしまい、消えてしまう可能性もあるわけで。。

そういう時に使用するのがこの「OCO注文」です。例えば、現在のレートの1円下である「1ドル=104円での逆指値注文」と「1ドル=108円での利益確定の指値注文」を同時に出します。

こうすることで、円高が進み、為替が100円まで戻ったとしても、「1ドル=104円での逆指値注文」が成立しますので、4円の利益が確定します。また、予想どうりに円安が進み108円になった時は、「1ドル=108円での利益確定の指値注文」成立し、8円の利益が確定するわけです。