成行注文

成行注文は一番オーソドックスでわかりやすい注文方法です。リアルタイムで為替レートを確認しながら注文を出すことが出来ます。

指値注文のように値段を指定しないで、その時のマーケットの動きをみて注文を出すことが成行注文といいます。ここでは「成行注文」について説明しますね。

成行注文で確実に売買

FXは株取引と違って色々な注文方法がありますよね。しかし、今回お話するこの「成行注文」という注文方法は、株式やETF、REIT等でもおなじみの注文方法で、もちろんFXでも使える注文方法です。

この「成行注文」、簡単に説明しますと、金額はいくらになってもいいので、注文を出してFX業者に到着した時のレートで買いたい、売りたいということです。要するに、売買されるときの約定金額は問わないので、注文をだした直後に確実に売買を成立させたい時に行なわれる注文方法です。

例えば、今どうしても売りサインがでていて、すぐに売りたいときなどに使います。

このオーダー手法のメリットとしては、とにかく早く確実に売買が成立すること!買い損なうことや売りそこなうことはほとんどありません。取引画面を見ながら売買する方は最適な注文方法です。

注意点としては、実際にいくらで取引されたのかは、注文が確定しないとわからない!ということになります。また、為替の変動が激しい時などは、自分の希望する価格から多少ずれて成立することもあります。為替レートは常に価格変動しているので、こまめなチェックも必要です。

美咲は、思いつきで成行注文を行なうことは滅多にありません。あらかじめ戦略を立てて、取引画面を見ながら売買ポイントに到達したところで注文を発注しています。

「成行注文」「指値注文」それぞれのメリット、デメリットをよく理解してから注文を行なうことが大事になりますね。