逆指値注文

FXの取引でリスク管を徹底するために逆指値注文(ストップロスオーダー)を駆使できるようになると、大きな負けがぐっと減ります。FXでは大きく勝つよりも、大きな損失を出さないことの方が重要になってきます。

「逆指値注文」はリスク管理をするうえではとても重要な注文方法です。取引のタームにかかわらず仕組みをマスターしましょう。

逆指値注文のメリット

「逆指値注文」とは、今のレートよりも自分にとって不利なレートになったときに使われる方法の一つです。このレートで損を出したくない時など、損切りの局面で使われます。

この「逆指値注文」のメリットは
ヽ亮造紡纂困粒搬腓鮖澆瓩蕕譴襪海
∩蠑譴離肇譽鵐匹砲Δ泙のりやすいこと

逆に「逆指名注文」の気をつけなければいけないことは
^貊屬任皀譟璽箸指値になったら、売買は成立すること

為替レートは常に変動しています。相場は予想どおりに動くとは限りません。もし、相場が予想と反対の動きをしてしまった場合に、損失をできるだけ限定しておきたいという人向けの注文方法が、この「逆指値注文」となります。仕組みは、買いポジションの場合は、現在の為替レートよりも高いレートでの買い指値をだし、売りポジションの場合は、逆に、現在の為替レートよりも安いレートで売り指値を出すことです。

メリットヽ亮造紡纂困粒搬腓鮖澆瓩蕕譴襦〕由を説明しますね。

例えば現在1ドル100円だとしますね。そこで美咲は「今後ドルは105円まで上昇する!」との予想を立てたとします。そのまま予想が的中していれば問題はないのですが、為替は予想に反して動くこともあるから心配になります。美咲の損失許容額が2円だとします。大きく反対の動きをされたら、すぐに美咲の損失許容額以上の取引になってします。そして、仮に予想がはずれて、ドルが95円になってしまたら、5円の損失になってしまいます。

そこで 登場するのがこの「逆指値注文」です。美咲が、損失を2円までしたいと考えたときの注文方法は、「100円でドルを買って、98円で売る注文を出します。」予想と反してドル安に動いた場合でも、損失は2円になりますよね。このように限定した損益で抑えられることになります。

逆に相場が予想どおりに動いた時は、一定の利益確保を狙うことにもつながります。利益を確保したい場合には有効な方法の一つです。