負けて撤退する投資家

相場から退場する人というのは、大きく負けて身動きができなくなるか、自分にFXは向いていないとあきらめてしまう人たちです。

では、そのような負けて撤退する投資家にならないために何を実践していけばよいのでしょうか?

負けトレードをする前に

FXはだれでも勝てるということです。初心者だろうが世界経済や為替相場の仕組みをわかっていなくても誰でも勝てます。上がるか下がるかの世界ですから。ただ勝ち続けるのが難しい・・・。ほとんどの人がこつこつと積み上げた利益を大きな負けで失ってしまうのです。利小損大でトータルで負けてしまうのです。私も最初はそうでした。そこで、私が負けていたときの反省も踏まえて「負けトレード」の原因を探っていこうと思います。以下の負け要因を一つ一つの潰していくことでトレード成績が向上したのも事実です。

1.ストップをおかない、損切りできない
はい、説明不要ですね。これを守れない人はトレーダー失格と言わざるを得ないのかもしれません。私も以前は「いつか戻るだろう。」そう思って損失ポジションを塩漬けにして、損失を拡大していたこともありました。結局これが痛いんですよねえ。その後のトレードに響くのです。プロのディーラーさんも口酸っぱくして損切りの重要性を説いています。私は損切りが苦手だったので、バーチャルトレードで練習して身に付けました。
2.チャートを見ないで売買する
チャートを見ていないと売買のポイントがわからないというか、何もかも勘でトレードをしてしまいがちです。そんな時は、落ち着かないというか、ポジションを持ってしまうんですよね。いわゆる「ポジション病」というものでしょうか。焦ったりして冷静さを失っているときによくあるような気がします。自分なりの相場予測に沿ってチャートを見ながら取引をするようになってからは無くなりました。
3.値頃感で取引する
相場の急落時に「ラッキー!安く買える!」と思ってついつい値頃感で買ってしまい、その後も下落が続いたために大きな損失を出したことが何度もあります。やはり相場の急落時(急騰時も同じ)は、下げ止まりを確認してから買うことが重要です。
4.積み重ねた利益を1回の負けで失う
上記の3項目を守れないとこのような結果になってしまいます。積み重ねた利益を一度で失うことほど愚かなことはありません。自分で取引の約束事をつくってそれを徹底的に守って根拠のない取引はしないことですね。この辺のことは勝ち続けるトレーダーにも記載しているので参考にしてみてください。