レバレッジとは?

レバレッジとは、「てこ」の意味なんですね。知ってました?「そんなこと言われてもよくわからない。」「もっと具体的に教えてほしい。」という方へFXでのレバレッジについて説明します。

レバレッジの仕組み

外貨預金や外貨MMFなど、通常は手持ちの資金のみで外貨を購入するという事になりますよね。(浪費家の美咲としては、投資資金を貯めるのが難しい。。)

しかしFXでは、美咲のように手持ちの資金が少なくても、その何倍もの外貨を購入する事ができるんです。

その仕組みがレバレッジ!

簡単に書くと、担保として預けるお金の何倍のお金を利用出来るか!の目安。例えば100万円分の外貨に投資したいとすると、外貨預金や外貨MMFでは100万円を準備しなくてはいけないのだけど、FXの場合、例えば10万円の証拠金を積んで100万円分の外貨を所有できるの。小さな資金から見て、何倍の大きな金額の取引をするかとの意味で、レバレッジ○○倍という表現が使われます。

例えば1ドルが100円の時、1万ドル購入するのに必要な証拠金は・・・。
   レバレッジ1倍   100万円
   レバレッジ10倍   10万円
   レバレッジ25倍   1万円

このレバレッジ、FX会社にもよりますが自由に設定する事ができるんです。ハイリスクハイリターンを狙いたい場合はレバレッジを高く、ローリスクローリターンを狙いたい場合はレバレッジを低く設定すれば良いのわけですよね。ということはこのレバレッジ!大きければ大きいほど、リターンも高いし効率も良くなるけど、逆にリスクも高くなるということね。

他にもこのレバレッジを使った取引ができる金融商品はありますが、限度倍率から言ってもこのFXがはるかに高い倍率を聞かせることができるので、同じ金融商品でも資金を有効に使える優秀な取引が可能なんですよ。