証拠金って?

外国為替証拠金取引を行う上でまず必要になるのが「証拠金」ですね。FXを始める際には、証拠金という言葉を頻繁に聞かなくてはなりません。「証拠金って何?」とふと思う方も多いと思います。ここでは、その証拠金について間単に説明するね。

証拠金のしくみ

 外国為替証拠金取引を行う上、「証拠金」っていうのが必要になるの。この証拠金、簡単にいえば投資家から予め担保として預かるお金!(投資家の私達から見ると預けるお金ね!)

外貨証拠金取引を開始するためには、必ず取引をする前にこの証拠金(保証金)を預けなければなりません。(なんせ 外国為替・証・拠・金・取引って言うくらいですから。。)

この証拠金は担保になり、それを基準に取引します。つまり、“証拠金の入金額”で取引可能金額が変わってきます。さらにこの証拠金は預けた額以上の金額取引が可能になるんです。つまり、証拠金以上の額の取引ができるってこと!FXの証拠金と取引額は必ずしも同じではないんです。ここでは簡単に書きますが

例えば1ドルが100円の時、1万ドル購入するのに必要な証拠金は・・・。
   レバレッジ1倍   100万円
   レバレッジ10倍   10万円
   レバレッジ25倍   1万円

となります。(詳しくはレバレッジのページを見てね!)

この例で言えば外貨預金や外貨建MMFを1万ドル購入するときは、手持ち資金が100万円必要ですが、FXでは必ずしも手持ち資金が100万円必要ではないことがお分かりいただけますよね。(手持ち資金の乏しいOL美咲でもはじめられるのが素敵!)

この証拠金、取引に必要な証拠金額も会社によって違いますし、さまざまな通貨ペアによっても最低保証金は変わってきますので、確認するのこともお忘れなく。