クロス円とドルストレート

FX(外国為替証拠金取引)のサイトや為替ブログ等のニュースを見ていると、「クロス円」、「ドルストレート」という言葉をよく見かけますね。FXを始めてまだ間もない方はこの「クロス円」、「ドルストレート」という言葉を意外と理解していない事が多いようです。「もう知っているよ」と言う方もたくさん居るでしょうが、ここではFX用語の基本「クロス円とドルストレート」について説明します。

勝ち続けることは難しいことは誰でもわかっています。私も最初は負け続けていた時期もありましたが、自分なりに反省しながら取引方法をその都度軌道修正し、何となく勝つためのポイントがわかってきたような気がします。そこで、私が利益を出せるようになってきた理由を考えてみました。

なぜクロス円、ドルストレートと呼ばれるのか?

まず、クロス円とは何でしょう。FXにおいて、「クロス円」とは日本円とアメリカドル以外の通貨とのペアの事を指します。ユーロ/円、豪ドル/円、NZドル/円、英ポンド/円、南アフリカランド/円、等々、ヨーロッパの国々の通貨やオセアニア通貨等と日本円の組み合わせの総称をクロス円と呼んでいるわけです。

では次に、ドルストレートとは何でしょうか。「ドルストレート」とは簡潔に言えばドルとその他の通貨全ての組み合わせの事です。ドル/円、ユーロ/ドル、英ポンド/ドル、豪ドル/ドル、などアメリカドルとその他の通貨ペアの事をFXでは「ドルストレート」と呼んでいるのです。

それではなぜFX業界では「クロス円」、「ドルストレート」というように呼ぶのでしょうか?FXでは、例えば英ポンドと日本円のペア(クロス円)で取引する時、まずアメリカドルを日本円で購入し、そのアメリカドルで英ポンドを取引するという形を取ります。アメリカドルが世界の「基軸通貨」と呼ばれる所以ですね。そして、アメリカドルをクロスする形で取引するため、上記の各通貨は「クロス円」と呼ばれるわけです。一方、それに対しアメリカドルとその他の通貨ペアの取引はダイレクトにアメリカドルと各通貨での取引となるため「ドルストレート」と呼ばれている訳です。

このように、全ての通貨がアメリカドルを経由して取引されます。つまり、ポンド円や豪ドル円などの「クロス円」を売買をする時でも、実はアメリカドルを介しての取引となっているのです。日本においてはドル円のレートが最も重要に扱われる理由も頷けますね。