くりっく365で税制優遇

くりっく365で税制優遇を受けることでFX取引に大きなメリットとなります。くりっく365(取引所取引)と店頭取引の相似点や税制優遇の仕組みをわかりやすく説明していきます。

FXによる利益は、原則として配当所得、利子所得に分類されない雑所得として総合課税されます。つまり、儲けが多いほど、税金がかかるの。最高税率は50% 利益は雑所得。なにか税制優遇はないものかしら?「くりっく365」とよばれる取引所取引には、税制優遇があるみたい。ここでは「くりっく365」の税制優遇を説明しますね。

くりっく365の大きなメリット

くりっく365は給与など、他の所得にかかわらず、税率はくりっく365の所得に対して20%の申告分離課税になっています。申告分離課税とは、給与所得などと合算しないこと。つまり、どんなに儲けても20%しか税金がかからないってことです。

これに対し店頭取引での税金の扱いは総合課税です。この総合課税とは、利益が出た場合、給与所得など他の所得と合算し、税率が決まるというもの。美咲のお給料から、基礎控除や配偶者控除(独身だから引けないか。。)などを除いた課税所得と、FXによる利益が合わせて1800万円以上になると、そのぶんについては50%の税金がかっかてくるのです。

まぁ、美咲のFXの利益を含めた総合課税所得金額が1800万とはいかなくても、195万円を超えた時点で税率は20%、330万円を越した時点で30%!

くりっく365はどんなに儲けても税率20%だから、この時点で。。。(その方によって掛かる税金は異なるので下記の表を参考にしてね)

税率(所得税+市町村民税+都道府県民税)概算表
所得金額 非取引所取引(総合課税) くりっく365(申告分離課税)
195万円以下 15% 20%
195万円超330万円以下 20%
330万円超695万円以下 30%
695万円超900万円以下 33%
900万円超1800万円以下 43%
1800万円超 50%

その他のメリットとしては、くりっく365で生じた損失は翌年以後3年にわたり繰越控除できる事や、他の先物取引等との損益通算も可能な事。FX取引だけでは満足できなくなったとき、何かと使えるメリットかもしれないですね。